2013年12月29日

大晦日電将短歌

創作はまだ人類の圧勝だ。
だが、いつか電脳との対決があるかもしれない。
今私たちができること。
――それはひたすら創り、そして楽しむことだ。



12月31日、「電王戦リベンジマッチ」を見ながら、短歌を詠んでみませんか?
対局を観戦しつつ、大晦日を将棋文芸で過ごしましょう。
巧拙関係なし。
対局が終わるまで企画は続きます。

ツイッターで「#電将短歌」を付けてつぶやいて下さい。
短歌は駒.zoneへの掲載をお願いさせていただくことがあります。
短歌以外の感想や詩的なつぶやきもOKです。

それでは、よろしくお願いいたします。
posted by 駒.zone編集部 at 17:25| Comment(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。